マイホーム

このブログでは、数か月にわたり私の家族が何年も夢見てきた新築の戸建てが出来るまでを書いてきましたが、それまでは亡くなった父方の祖父の代から引き継がれてきた昔ながらの家に住んでいて、暖炉があったり天井には梁が剥き出しになっていたりと中々風情のある家だったのです。

しかし、冬が近づくにつれすきま風が酷くなってきたり、掃除が大変だったりと手のかかる家だった為、床暖房のついた暖かい家にしたい、というのが第一希望でした。

何度も設計士の方と打ち合わせを繰り返して想像以上に満足のいく家が完成させる事ができました。

別々に暮らしていた母方の祖父母を呼び寄せ、7人とペットの犬との生活をスタートさせましたが、二階建てのうち主に一階は祖父母の居住スペースとして使用し、二階は私達娘夫婦と子供達で使用して暮らしています。

もちろん第一希望だった床暖房が備え付けられているので、肌寒くなってきた最近では低温に設定し、1日中スイッチオンにしているので大変暖かく、その他の暖房器具は特に使用しなくても快適に過ごせています。

また、前に住んでいた家はそれぞれの部屋に向かう際にリビングを通過せずに行けてしまう造りだった為、家族同士顔を合わせる頻度が低かったように思いますが、新築の家ではリビングを通過して各自の部屋に行くような仕組みにしてもらったので、自然と家族同士が顔を合わせる事ができ、それに伴って会話も増えたような気がしています。

何よりも、祖父母が孫と一緒に住める事を心から喜んでくれており、嬉しそうに話す顔を見る度に思い切って新築を建てて良かったと実感する毎日です。

9.12.16 15:34

Letzte Einträge: モデルハウス

bisher 0 Kommentar(e)     TrackBack-URL